ニュース一覧

困る人

吸血性寄生昆虫を退治する

トコジラミは吸血性寄生昆虫です。現代の日本ではほとんど見られなくなった虫ですが、それでも完全に居なくなったわけではありません。このためトコジラミの被害にあった場合にはトコジラミ駆除を行う必要があります。

作業員

根本的な解決が期待できる

害獣駆除は動物の種類や被害の状況によって様々な対処をしなければならないので、確かな経験と知識が物を言います。ですから素人があれこれと対処療法的に駆除を試みるよりも、確実で根本的な解決が期待できるようになるのです。

鳩

業者依頼の流れ

鳩の駆除業者に依頼する場合の方法としては、まず鳩の駆除業者をインターネットなどから探すようにします。気になる業者が見つかれば、メールや電話で相談をして、現地調査の日取りなどを決めます。現地調査後に見積もりが出るので、内容に納得したら正式な契約となります。

ネズミ

敵を知っておく事が大切

ネズミ駆除を個人で行う事もできますがリスクが高く危険な為、あまりオススメできません。業者に依頼するとネズミ駆除や捕獲の他に侵入経路の封鎖なども行ってもらえるので再発の防止に期待できます。ネズミは放置しておくと被害が広がるので早めの対策が必要です。

虫

夜行性で駆除が困難

害虫の中でも夜行性で隙間に隠れてしまうトコジラミ駆除は特に難しいと言えます。薬剤などの散布で効果が出ない場合は専門の業者への依頼も考えてみましょう。高い技術力で対応してくれることはもちろん、作業後の保証もあるとより安心です。

ネズミ対策はプロにお任せ

作業員

プロへ頼むメリット

ネズミ被害に悩まされている人の中には、自分の力でネズミ駆除を行おうとしている人もいるだろう。だが、素人が間違った方法で対策をしていると事態はより深刻になりかねない。被害を軽く済ませたいと思うならネズミ駆除のプロに任せてしまうのがいいだろう。ネズミ駆除業者による代表的な対策は四つ。捕獲・薬剤散布・忌避剤・毒餌の設置である。住み着いてしまったネズミ駆除への対策としては毒餌の設置と薬剤散布だ。すぐにネズミを駆除してほしいというときは強力な薬剤を散布すれば即効性がある。ただ、薬剤が屋内に飛び散ってしまう可能性があるので、その点が気になる人は毒餌の設置のほうが向いているかもしれない。即効性はないが、薬剤散布のように屋内に薬剤が散ってしまうこともない。まだネズミが住み着いていない。そんなときは粘着シートによる捕獲が一般的だろう。また、ネズミの嫌いな匂いや音を発する忌避剤を使用すれば、ネズミが寄り付かなくなる可能性もある。駆除はできず、追い払うだけになってしまうが、効果は長期的に期待できる。また、粘着シートによる捕獲と忌避剤はネズミを殺すことなく追い払うことができる。殺傷処分はちょっと嫌だという人におすすめだ。プロに仕事を依頼するメリットは適切な対策を取ってくれるだけではない。ネズミが屋内に入り込んだ理由を調査、また予防法を教えてくれたりする場合も多いのだ。ネズミ被害に悩まされている人は、ネズミ駆除のプロに任せたほうがいい。正確な作業で迅速に対応してくれるだろう。